取手市の慢性的な痛みでお悩みの方の専門整体院

取手市で脳梗塞の後遺症でお悩みの方/無痛整体院やすらぎ

脳梗塞後遺症に対する当院のアプローチ

私が整形外科や接骨院で働いている時に、リハビリを担当してきて感じたことは、薬や運動療法では根本解決にはならない、ということ。
当事者であったり、ご家族の方はすでにたくさんの知識がおありになると思いますので、次に書いてあるような形式的な所は飛ばしていただき、その下の「最も有効なアプローチ」から下をご覧ください。

images (1)

脳梗塞は、脳内の血管が狭くなったり、血栓ができて血管が塞がってしまい発生する症状です。
血管が塞がってしまうことにより、脳への血液の流入が止まり、酸素や栄養が運ばれず、脳の組織が壊死してしまい、さまざまな障害が起きる状態です。

血管の詰まり方や場所によって、症状がさらに分類されており、首や脳の比較的太い血管で動脈硬化が進行し、血流が妨げられて起こる「アテローム血栓性梗塞」、脳の奥の方の細い血管が詰まることで起こる「ラクナ梗塞」、心臓の中にできた血栓が脳の血管に運ばれ、血管が詰まることで起こる「心原性脳梗塞」という3つの主なタイプに分けられる。

画像の説明

脳梗塞の大きな原因として、動脈硬化が挙げられます。
動脈硬化とは、加齢に伴ってしなやかなさを失い硬くなった血管に、コレステロールや脂質でドロドロになった血液が付着して血管が狭くなったり、血液の流れが悪くなった状態をいいます。

健康な血管であれば血液は留まることなく流れていくが、動脈硬化によって血管内に血流が滞る場所ができると、そこで血液が固まりやすくなり、血栓ができてしまうのです。

こうして脳の血管内に作られた血栓や、心臓から運ばれた血栓が脳の血管をふさいでしまうことで、脳梗塞が引き起こされるのです。

主な症状としては、左右どちらか半身の手足や顔がしびれたり動かしづらい、ふらつく(歩きづらい、めまいがする)、嘔吐する、しゃべりづらい(ろれつが回らない、言葉が出てこない)、他人の言うことがわからない、物が見えにくかったり二重に見える、などがあります。
これらの症状が1つだけ出る場合と、複数出る場合とがある。

脳卒中の症状は突然現れることが多く、たいていは起こった時間がはっきりしています。
昼間から夕方の活動時に急におかしくなる場合、夜中にトイレに起きた時や、朝目覚めた時異常に気づく場合、起床後しばらくして異常が起こる場合など様々です。

最初の症状がそのまま短い時間のうちに軽くなり、消えることもありますが(一過性脳虚血発作など)、様子を見ているうちにどんどん悪化したり、他の症状が加わったり、一旦は消えた症状が再び現れて、今度は元に戻らないこともありますので、症状が出た時点で早急に医療機関に行くことが何より重要です。
脳梗塞は早期に医療機関へ行くことが何より重要。

脳梗塞が起こったら、どうするか?

可能な限り早く専門病院を受診してください。
それには、直ちに119番に電話して救急車を呼び、脳梗塞の専門病院で診てもらうことです。

重症な場合はもちろん、軽症と思われるときも救急車を利用してください。
これは一刻も早く搬送するためであり、また途中で症状が悪くなる危険性もあるからです。

脳梗塞の最も効果的な治療は、脳梗塞が起こってから時間があまりたっていないとき(早期)にしか行えません。
効果があるかどうかに時間的な制約が関係していることをよく覚えておいてください。

では、脳梗塞の後遺症について
ここからが本題です。

脳梗塞の後遺症に対して、最も有効なアプローチ!!

病氣に重いも軽いもありません。

病氣とは、幹細胞の数が減ってしまうこと、そして、細胞に異変が起こることを言います。

私たちの身体の中には、どれをとっても生命維持に欠かせない、たくさんの器官があります。
脳、心臓、肺など
器官にはそれぞれ決まった振動があって、振動しながら身体全体の調和を保っています。

細胞が正しい周波数で振動していれば、健康状態を保つことができるのですが、環境の悪化食生活の変化など、様々な外的要因の影響で細胞が異常振動したり、歪んでしまうことが原因で起こるのが病氣と考えられています。

細胞の振動の乱れは細胞の形や性質までも変化させ、正しい働きが出来なくなってしまうのです。

例えば、腫瘍は元々癌細胞であったわけではなく、このような理由により、正常細胞が癌化してしまい、身体の中で悪さをしてしまうわけです。

20歳ごろの各臓器等の生まれ変わる周期

画像の説明

例えば・・・
若い頃は皮膚細胞の幹細胞が活発に働き、30日周期で皮膚が生まれ変わります。
しかし、老化に伴い皮膚幹細胞が衰退しターンオーバーが遅くなり、シミ・シワができやすくなります。
もし、すべての幹細胞が活発に働くと、上記のような日数で骨や筋肉、内臓や脳細胞などの全ての臓器がリニューアルする可能性があるのです

壊死してしまった細胞がリニューアルするのは難しいですが、弱ってしまった細胞が活性化したり、残った正常な細胞が壊死した細胞の代わりの役目をするようになったり、人の身体の可能性は計り知れないものがあります。

今までも幹細胞が活性化することにより、握ったままの手が開くようになったり、杖をついて歩いていたのが、杖なしで歩けるようになったり、奇跡のような回復を見せる方たちをたくさん見てきました。

幹細胞とは何か?

・分裂して自分と同じ細胞を作る、自己複製能を持っている
・そして、複数の種類の細胞を作り出す

mid-02 (1)
画像の説明
細胞を再び生み出し補充できる!
肌の再生
髪や爪が伸びる
傷が治る
骨折が治る
などなど

幹細胞は60兆の細胞の親分
幹細胞はダメージを受けた細胞から優先的に修復していき、修復するたびに毎日毎日減っていく
20歳を頂点に活動が鈍くなり、老化現象が始まる。

すべての幹細胞が活性化すれば、臓器も周期的に生まれ変わる!

幹細胞を活性化するアプローチとして、当院では光線療法(フォトセラピー)を用いています。

光線療法(フォトセラピー)とは、特定の光の周波数が体内で特定の変化を引き起こすことで、身体の機能を改善する療法のことです。

ここで詳しい内容を書くことはできませんので、詳しい内容をお知りになりたい方は、ご本人じゃなく身内の方でも構いません、一度相談に来られてください。
もちろん相談料はいただきません。

私は柔道整復師という国家資格を取得していますが、医師ではないので薬物等は使用できません。

あくまでも自然療法です。
体内に存在する様々な経絡(ツボ)を、それぞれ特有の光周波数で刺激することで、体内栄養素とエネルギーを自然生成させると共に、エネルギー循環のバランスを改善し、自己治癒力を高めることで、脳梗塞の後遺症で悩まれている多くの方のお力になっています。

脳梗塞後遺症整体料金

初回10,000円 2回目以降5,000円
出張整体の場合は
初回15,000円 2回目以降10,000円

脳梗塞後遺症の整体については、初回スタンダードな施術にプラスして、幹細胞(厳密には銅ペプチド)を周波数によって活性化させる、世界初の技術で施術をします。
これは薬剤を一切使わずに、身体に残る細胞の力を使って、細胞を元気にしているので、副作用が一切ありません。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional